本文へ移動

M様邸/広島市安佐北区

基本情報

【お客様】
男性(要介護2)、
奥様と二人暮らし(近所に住むお子様が定期的に帰省)
室内の移動は、歩行器が必要で、日中はベッドで過ごされることが多い。
排泄は主に尿器で行い、時々トイレも使用されるが、トイレの位置や広さに問題があり、介助が必要。
入浴も介助が必要。

【工事内容】
バリアフリー改修


【ご要望】
・介助時のスペースの確保
・動線をバリアフリーにし、移動をスムーズにしたい。

私が担当しました!

二級建築士・西本
今回最も重視したのは、ご主人の生活の妨げとなっていた「トイレに行きにくい」という問題を解決するため、思い切って間取りを変えたことです。
アプローチがしやすいよう、トイレの入口の向きをリビング側に変え、またトイレと洗面所を一つにまとめたことで、余裕のあるスペースができあがりました。

また、家をキレイに飾りたいという奥様のご意向を踏まえ、昔お子さんと一緒に作られた思い出の品を壁に埋め込んだり、庭に素敵なウッドデッキを作るなどして、家の内外とも見た目にも美しく仕上がるよう努めました。

ご主人がとても大切にされている家で、今後も長く残していきたいとのことでしたので、その思いを汲みながら、次世代につながるような提案をさせていただきました。


施工内容

寝室

施工前
施工後

施工前
施工後

移動がしやすいよう、間口を変更し、上釣りタイプの扉を取り付けました。
押し入れは撤去して広さが1.5倍になり、部屋に光が入りやすいよう、掃き出し窓を新たに設置しました。
窓は、2重サッシにして、外気との温度差を減らしたり、外の光もより多く取り入れられるようにしています。




トイレ・脱衣所

施工前
施工後

施工前
施工後

施工前
施工後

介助スペースを確保するため、便器の位置を変え、脱衣所と兼用スペースとして広くしました。
また、トイレの入口は、玄関前からお風呂の脱衣場の方に変更しました。




キッチン

施工前
施工後

バリアフリー改修を行い、家具なども移動して動きやすいつくりに変えました。




気軽に外に出ることができるよう、ウッドデッキを造りました。











外壁・屋根

施工前
施工後

外壁等が傷んでいたので、塗装を行い、瓦の漆喰も補修しました。





和室

1階で生活ができるよう、収納をつくりました。













お客様からの声

歩行器を使うようになり、トイレに行くのが楽になったことで、尿器を使わなくなり、トイレに歩いて行く回数が増えました。
体を起こして座る機会も増え、家族との会話の中にも参加できるようになりました。
入浴も、少ない介助ですべて行えるようになっています。

寝室は、窓を増やしたことで光が室内にしっかり入り、昼夜の判断が区別できるようになったことで、日中の体調も良くなりました。
新しくつくったウッドデッキでは、天気の良い日に食事を取ることもあります。
ウッドデッキ側は2段の階段で段差は低く、取り付けた手すりによって出入りも行いやすくなっているので、行動範囲も広がりました。


TOPへ戻る