本文へ移動

SDGsの取り組み

SDGs って何?

SDGs(持続可能な開発目標:Sustainable Development Goals)とは、
2001年に策定されたMDGs(ミレニアム開発目標)の後継として、
2015年9月の国連サミットで加盟国の全会一致で採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載された、2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。
17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを目的にしています。

日本基準寝具株式会社の取り組み

日本基準寝具株式会社は、SDGsの目標達成と持続可能な社会の実現に向け、
事業を通じて社会の課題解決に取り組んでいます。

各事業部の取り組み

いくつ歳を重ねても、住み慣れた地域で、
安心してくらせるサービスを提供し続ける。
         エコール事業部 経営理念
【目標3 すべての人に健康と福祉を】
誰もがいきいきと暮らせる社会を目指し、介護施設等へ、最先端技術を用いた福祉用具の提供を行います。
高齢者が健康で文化的な生活ができるよう、孤独や孤立から援護するために高機能で、最先端の技術を用いた
移動の手段(車いす、歩行器等)を導入していきます。
【目標11 住み続けられるまちづくりを】
高齢者の方が、安心して住み慣れた地域で生活ができるように、持続的に在宅生活を支援します。
・福祉用具のアフターサービス
在宅介護体制の充実
【目標13 気候変動に具体的な対策を】
利用者の安全確保という点も配慮しながら、全拠点のBCP策定を行い、研修・育成活動を行うとともに、定期的な見直しを行いながら、避難訓練等を実施します。
私たちは、努力・協調・前進し、お客様のニーズの期待を超える
・高品質で適正な価格の製品
・付帯する高いレベルのサービス
により、お客様に最高の満足を提供します。
         リネンサプライ事業部 ミッション
【目標6 安全な水とトイレを世界中に】
洗濯排水の再利用を行い、下水放流量を大幅に削減します。
また、地下水や雨水の積極的利用により上水使用量も削減します。
【目標12 つくる責任 つかう責任】
生産性向上会議を定期的に開催、リネン製品の専用品から共通品への移行の促進や、生産性の優れたリネン生産の開発へ取り組みを行います。
【目標14 海の豊かさを守ろう】
【目標15 森の豊かさも守ろう】
土壌・大気・水質汚染に繋がるドライクリーニング等で使用される特定有害物質の使用廃止を目指します。
● 企業活動
【目標4 質の高い教育をみんなに】
社員教育制度の充実、階層別・職種別に体系化された教育の仕組みをつくります。
【目標5 ジェンダー平等を実現しよう】
女性が活躍できる環境の整備とリーダー育成を行います。
【目標8 働きがいも経済成長も】
DXの推進(ペーパーレス化等)や多様的な働き方(在宅勤務、時差出勤等)の促進を行います。
【目標10 人や国の不平等をなくそう】
障がい者や外国人労働者にやさしい、働きやすい職場環境整備・維持へ取り組みの強化を図ります。
多様な人たち、多彩な価値観が共存し輝く会社づくりを推進していきます。
TOPへ戻る